LIFE

【買うべき?】SHARPマスク解説&縫わない簡易マスクの作り方

SHARPマスクの購入を検討していて、メリット・デメリットを知りたい。あと、マスクの簡単な作り方が知りたい。

と考えていませんか?
本記事では下記の内容を解説します。

 

もくじ

  • SHARPマスクのメリット&デメリット
  • 30秒で完成!縫わないマスクの作り方

我が家のマスク在庫が底をつきそうだったので、倍率100倍以上のSHARPマスクに抽選申し込みしたところ、運良く購入できました。

マスクの性能や使用した感想をもとに、メリット・デメリットをお伝えします。

 

SHARPマスクのメリット&デメリット

メリット

メリットは3つあります。

  • その1 フィルターが高性能
  • その2 国内生産で安心
  • その3 鼻のラインにフィットする仕様

 

その1 フィルターが高性能

フィルターの性能評価が高いです。また、立体三重構造でウイルス飛沫をブロックするだけでなく、PM2.5や花粉の対策でも有効です。

マスクのフィルター性能を評価する3つの試験結果から、何をどのくらいカットしているのか見ていきます。

◼️生体ウイルスろ過効率(VFE試験) 99%

ウイルス対策用の性能指標です。この数値が高いほど、ウイルスをカットします。SHARPマスクはウイルス飛沫を99%カットしてくれます。

◼️細菌ろ過効率(BFE試験) 99%

花粉やウイルス対策用の性能指標です。こちらも数値が高いほど、ウイルスをカットします。SHARPマスクは高密度フィルターの採用により、PM2.5や花粉の対策にも有効です。

◼️微粒子ろ過効率 99%

花粉よりもさらに小さい生体ウイルスや微粒子対策用の性能指標です。こちらも数値が高いほど、ウイルスをカットします。SHARPマスクの場合、99%カットしてくれます。

 

その2 国内生産で安心

国内生産=安心とは限らないのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、SHARPのマスクは、精密な液晶パネルを製造することができる工場の「クリーンルーム」で製造しているので、安心できます。工場は三重県の自然豊かな多気という場所にあります。

 

その3 鼻のラインにフィットする仕様

ノーズフィッター(鼻あて)がついており、自分の鼻の形にフィットさせることができます。隙間を埋めることができるので、メガネをかけても曇りにくいです。

 

デメリット

デメリットは1つ、値段が高いです。1箱50枚入りで税込3,278円。さらに「配送料と手数料」で660円プラス。合計で3,938円でした。1枚あたり約79円です。
個人的にはちょっと高いと感じました。買い物の合計が税込5,500円以上になると配送料が0円になるため、マスクの他に2000円くらいの商品を探しましたが、欲しいものが見つからず諦めました。2000円くらいのラインナップは少なかったです。

 

まとめ


値段は高いですが、性能・安心という面でメリットは大きいと思います。かなりの高倍率なので、運試し気分で申し込みしてもいいのではないでしょうか。当選してから購入するかどうか選べるので、気になっている方は気軽に申し込んでみてください。

 

30秒で完成!縫わないマスクの作り方

すぐにマスクが欲しい方に向けて、針や糸を使わずに、30秒で完成するマスクの作り方をご紹介します。自作でおしゃれなマスク作りに挑戦しても面白いかもしれません。

用意するもの

  • 大判ガーゼや布(目安: 長さ100 cm×幅30 cm) → ドラッグストアなどで購入可能
  • 丸ゴム 2本 → 100均などで購入可能(使用済みマスクの紐部分を再利用するのもOK)

作り方

  1. ガーゼを2つ折りにする(長さ50cm 幅30cmの状態)

2. 上下の端を真ん中まで折る(ガーゼの幅がマスクの幅になるので、小さい子ども用マスクの場合は、ここで幅を調整します)

 

3. 丸ゴムをガーゼに通す(丸ゴムの結び目を上にした状態にする)

 

4. 幅1/3のところで内側に折ったら完成

SHARPマスクの抽選で落選して手に入らなかった方や、マスクが不足して困っている方の参考になれば嬉しく思います。

-LIFE

Copyright© 焚き火とコーヒー , 2021 All Rights Reserved.